採用情報

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

新東京病院 脳神経外科後期研修

2年間の前期研修修了者に対する脳神経外科専門医を養成する研修プログラムです。研修終了時には脳神経外科専門医として脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷など脳神経外科疾患全般に対する基本診療が可能となることを目標としています。当院では、急性期の脳卒中診療、脳血管外科、脳腫瘍手術、脳血管内治療、神経放射線診断、脳神経モニタリングなど脳神経外科全般に渡る幅広い研修が行なえます。

当院の研修プログラムの特色は、後期研修1年目から指導医のもとで術者として多くの手術を経験してもらう点です。研修終了時には脳神経外科専門医としてだけではなく、特に脳血管外科の術者としての基本的手術手技をすべて習得していただくことを目標としています。次世代に活躍する脳神経外科医を目指す方は、ぜひ当院での研修にご応募ください。
小児脳神経外科、機能外科(定位手術)、てんかんの外科、脊椎脊髄手術、定位放射線治療など当院で経験が難しい分野については、適宜関連の施設にて研修をしていただきます。当院で学んでみたい方は是非、一度ご連絡ください。施設見学も適宜受け付けております。

後期研修プログラム

1年目(卒後3年)
脳神経外科医として、脳神経救急対応全般を経験(救命処置の習得、意識障害などの救急神経疾患の鑑別、緊急検査の手順、全身管理の基本等)、指導医のもと術者として穿頭・各種開頭手術手技の基本を学び、脳血管撮影が行えることを目標とする。

 ・神経疾患の病歴聴取と神経学的診察法(NIHSSなど)
 ・rt-PA(アルテプラーゼ)投与方法の習得
 ・画像診断(脳血管撮影の手技を含む)
 ・診療計画の立案(手術適応の判断と手術計画)
 ・術前評価、術後管理
 ・脳神経モニタリング手技の習得
 ・穿頭手術の習得、基本的なテント上の開頭手技の習得


2-3年目(卒後4-5年)
脳血管撮影、穿頭術を術者として行なえる十分な技術と知識を身につける。指導医のもと、開頭手術における顕微鏡下手術の基本を習得する。

 ・顕微鏡下手術
  1)バイパス手術の浅側頭動脈(STA)の剥離操作
  2)シルビウス裂の開放
  3)脳内血腫の除去
 ・テント下の開頭手技の習得
 ・頸部頸動脈確保手技の習得


4-5年目(卒後6-7年)
顕微鏡下動脈瘤クリッピング術、表在脳腫瘍手術手技の習得を目標とする。

 ・基本的な中大脳動脈瘤開頭ネッククリッピング術を術者として経験する
 ・バイパス手技の習得(STA-MCAバイパス)
 ・表在脳腫瘍の切除(モニタリングを含む)
 ・頸動脈内膜剥離術の習得
 ・脳血管内治療の基本的手技の習得


5年目 (卒後7年)
脳神経外科専門医取得を目指す。

取得資格
 ・日本脳神経外科学会専門医
 ・神経内視鏡認定医
 ・脳血管内治療専門医


小児脳神経外科、機能外科(定位手術)、てんかんの外科、脊椎脊髄手術、定位放射線治療など当院で経験が難しい分野については、適宜関連の施設にて研修をしていただきます。なお、当院は脳神経外科学会 専門医研修プログラム 基幹施設「帝京大学脳神経外科」の研修施設です。当院で学んでみたい方は是非、一度ご連絡ください。施設見学も適宜受け付けます。
病院HP後期研修募集のリクルート担当者へメールをお送りください。


募集人員 数名

脳神経外科紹介ページへ