診療科・医療部門

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

消化器内科紹介

 

消化器内科について

消化器内科では、慢性・急性の消化器疾患の診断・治療および内視鏡検査やインターベンション治療を要する緊急治療に24時間対応しています。緊急を要する消化管出血や急性胆管炎の内視鏡治療にも常時対応できる体制が整っています。

消化器内視鏡センターは、駅前クリニックおよび本院に分かれ、年間約1万5000件の内視鏡検査・治療を行っています。
内視鏡検査・治療においては、全て最新の内視鏡システム(EVIS LUCERA ELITE 290シリーズ)を用いて拡大内視鏡検査・NBI(narrow-band imaging)・超音波内視鏡検査(EUS・IDUS・EUS-FNA)などの特殊検査も行っています。

当科は内視鏡検査・治療を得意としており、特に早期消化器癌の内視鏡治療および胆膵疾患の診断・治療を幅広く行っています。内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は、適応拡大病変や治療困難例に関しても積極的に行っており良好な成績を上げています。胆・膵疾患に関してはEUSを導入したことでより幅の広い診断・治療が可能となっています。早期診断を行うことで外科治療への橋渡し(Bridge-to-surgery)が可能となっていくものと確信しています。胆膵系の特殊検査・治療としては、胃切除後や胆膵外科切除後の術後腸管(Roux-en-Y再建腸管など)に対するERCPや経口胆道鏡を用いた診断・治療も行っており良好な成績を上げています。
また、患者さんにとってより良い低侵襲治療を提供すべく当科は外科と協力して診療に当たっています。外科との合同カンファレンスでのディスカッションを通し、ガイドラインを遵守して治療方針を決定しています。

対象疾患

消化管出血、消化器早期癌(食道・胃・十二指腸・大腸)、消化器進行癌、消化管ポリープ、悪性腫瘍狭窄、胆管炎、総胆管結石、閉塞性黄疸、胆嚢炎、急性・慢性膵炎、仮性膵嚢胞、B・C型肝炎、急性肝炎、食道静脈瘤、炎症性腸疾患など

臨床研究について

当科では、以下の多施設共同臨床研究および単施設臨床研究を行っています。

多施設共同研究 チエノピリジン系薬剤単剤内服継続下での胃腫瘍性病変に対する内視鏡的粘膜下層剥離術の安全性に関する探索的臨床研究
多施設共同研究 抗凝固薬継続下での大腸EMR、ESDの検討
多施設共同研究 膵癌早期発見のための新規スコアリングシステムの有用性に関する前向き観察研究
単施設臨床研究 ワーファリン継続下における胃ESD術後出血の検討
単施設臨床研究 バイアスピリン継続下でのESD術後出血の検討
単施設臨床研究 手技困難領域(横行結腸)における大腸内視鏡的粘膜下層剥離術に対するダブルバルーン内視鏡の有用性の検討
単施設臨床研究 胃腫瘍に対するunderwater endoscopic submucosal dissectionの有用性と安全性の検討
単施設臨床研究 大腸腫瘍に対するunderwater endoscopic submucosal dissectionの有用性と安全性の検討
単施設臨床研究 手術不能急性胆嚢炎に対する経乳頭的逆行性胆嚢ドレナージ術及び超音波内視鏡下胆嚢ドレナージ術の有用性に関する比較検討試験
単施設臨床研究 抗血栓薬内服中急性胆嚢炎に対する内視鏡的ドレナージ
単施設臨床研究 膵腫瘍の術前組織診断に関する超音波内視鏡下穿刺吸引組織診(EUS-FNAB)の有用性と膵液連続細胞診(SPACE)の補完能力について
単施設臨床研究 慢性膵炎の造影EUS観察による膵癌指摘の有用性
単施設臨床研究 総胆管結石・胆嚢結石治療後の胆管ステント抜去時における超音波内視の残石診断有用性
単施設臨床研究 消化管腫瘍(主に胃・十二指腸・大腸)に対するClosed EALFTRの安全性と有用性の検討
単施設臨床研究 管腔内超音波(IDUS)を用いた胆嚢ドレナージの検討