診療科・医療部門

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

おもな治療

低侵襲性僧帽弁手術
ステントグラフト
TAVI(経カテーテル大動脈弁治療)
下肢静脈瘤血管内焼灼術治療


低侵襲性僧帽弁手術

 当院は僧帽弁に対する手術として、ご自身の弁を修復する僧帽弁形成術を標準術式としています。心臓の手術は、通常は胸の真ん中を切開して、胸骨を切開して手術を行います。しかし、僧帽弁や三尖弁のみの疾患の患者様の場合、右前胸部の小さな切開(5~8cm)で手術を行います。これは世界的にはかなりの数が行われていますが、国内ではまだ限られた施設でのみ行われています。当院ではこの手術を2008年8月より開始しています。2010年4月までの時点で28人(当院での僧帽弁手術の約12%、心房中隔欠損症、心臓腫瘍)の患者様にこの手術を行っています。すべての手術が自己弁を修復する弁形成術で治療されており、手術を受けられた患者様は全員軽快退院されております。
 若い女性の患者様においては、右乳房の陰に手術創が隠れてしまうので、大変よろこんでいただいています。小さな傷を希望される患者様はいつでもご相談ください。

 

ステントグラフト

 従来、動脈瘤(胸部、腹部)に対する手術は人工血管置換術が一般的でした。胸部大動脈瘤に対しては、胸の正中もしくは左胸を大きく切開し、人工心肺を使用しながら瘤を切開して人工血管に置換する手術が行われてきました。しかしこれは手術侵襲が大きく、また呼吸器合併症や対麻痺(下半身麻痺)のリスクがありました。また、腹部大動脈瘤は通常は腹部正中を切開して腸をよけて腹部大動脈瘤を出し、瘤を人工血管にする手術が一般的でした。この手術は心臓血管外科の手術の中では危険性は低いものの、高齢者や開腹手術の既往のある患者様には大きな侵襲となります。
 当院ではより低侵襲の手術を目指し、2008年からステントグラフト治療を開始しました。この治療法は、鼠径部に小切開を置き、露出した血管から瘤内にステントを留置し、破裂を防ぐ治療法です。手術時間も通常2~3時間程度で、術後の回復も早く、従来の手術に比べ早期退院が可能となりました。多くの方がほぼ1週間で退院されています。これにより、いままで呼吸疾患や脳疾患、心疾患を合併しているため手術の危険性が高く、従来の手術を受けることができなかった患者様に対しても治療を行うことができるようになりました。
 ただ、すべての動脈瘤の患者様に対してステントグラフト治療が可能というわけではありません。ステント治療を希望される方はいつでも当科外来にお越しください。



腹部大動脈瘤
術前

術後
胸部大動脈瘤
術前

術後

 

大動脈弁狭窄症に対する最新治療
TAVI ~経カテーテル大動脈弁治療~

TAVIとは?

「TAVI」とは、「経カテーテル大動脈弁治療(Transcatheter Aortic Valve Implantation)」、略して「TAVI」と呼ばれます。
胸を開かず、また、心臓を止めることなく、「人工弁」を患者さんの心臓に装着することができる治療法です。

TAVI 経カテーテル大動脈弁治療