診療科・医療部門

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

1:心臓血管外科主任部長 ご挨拶

中尾 達也副院長 兼 心臓血管外科主任部長

卒大 / 卒年
広島大学 昭和62年
専門領域
心臓血管外科一般
認定・資格
三学会構成心臓血管外科専門医
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定修練指導医
日本外科学会指導医
日本冠疾患学会評議員
日本冠疾患学会特別正会員
日本AHVS/OPCAB研究会世話人
アジア心臓血管外科学会国際会員
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医
腹部ステントグラフト実施医、指導医
胸部ステントグラフト実施医、指導医

新東京病院心臓血管外科は、平成3年現在の松戸の地に移転した際、右胃大網動脈を使用した冠動脈バイパス手術を世界で初めて開発した元・心臓血管研究所のスーパーバイザーである須磨久善先生を初代の心臓外科部長として招聘し開設されました。その後は天皇陛下の冠動脈バイパス手術を施行された現・順天堂大学心臓血管外科教授である天野篤先生、現・榊原記念病院心臓血管外科部長である高梨秀一郎先生、現・昭和大学豊洲病院心臓血管外科教授山口裕己先生に引き継がれ、現在私、中尾達也が、2014年の1月から心臓血管外科主任部長を任されています。この20年間を振り返るにその時代において注目されてきた心臓血管外科主流領域は冠動脈バイパス手術における心拍動下バイパス手術、僧帽弁形成術(左小開胸下)、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)へと変遷をたどってきました。今までの時代背景が異なってはいるものの、特に天野先生の時代には、後に名声を得ることとなる何人かの優秀な心臓外科医が、吉田松陰の松下村塾のごとく新東京病院心臓外科で学んでいます。彼ら先達の努力の結果、新東京病院心臓血管外科はある意味ブランド化し、当然の如く新東京病院心臓血管外科に期待される患者様のニーズ(完璧な手術結果)、院内のニーズ(人間性はどうでも結果でスタッフを引っ張っていくカリスマ性?)、社会的なニーズ(手術のartをscienceにして、日本の心臓血管外科領域のleaderとして臨床データーを世の中に発信する)は常に期待されています。これらのニーズに答えられるのは、一握りのスーパードクターと呼ばれる心臓血管外科医でしかないのでしょうか。では、スーパードクターではない私に求められる役割は、患者様に優しい質の高い手術を提供できるように精進努力を粘り強く続けることと考えています。もちろん、最近心臓外科領域を立て直して来たり、新規に開設してきた近隣の競合病院とは違った新東京病院心臓外科独自のスタイルを要求されています。さて、2014年1月から毛利元就の3本の矢新体制でスタートした心臓血管外科ですが、何とか受け継いだバトンを落とさぬように未来ににつなげなければいけないとの想いで心臓血管外科運営を行ってきましたが、スタッフが安定せず2015年度4月からは常勤3名、非常勤1名でスタートして10月からは長野から青木先生、11月からは埼玉から塩見、清水の両先生が加わってくれました。しかしながら、今年の4月からは常勤4名体制でスタートし、チームの若返りと活性化を図りみんなが同じ方向を向いて医療を進めて行く所存です。

2016年度の方針・今度の展望
いつも申しておりますように、残念ながら手術を受けて頂いたが元気に退院できなかった患者さんや御家族の想いを、われわれ心臓外科スタッフが肝に命じてなお一層の努力をしなければいけないということは当然です。そのためにも、心臓血管外科の患者さんに関わっているすべての病院スタッフ、各部署、各人、一人一人の力が必要であり、その御尽力の賜物で今の結果があると感謝致しております。
幾つになっても医学に携わる医療人には、Science(科学), Art(技術), Humanity(人間性)の3つの要素(修練坂)が必要とされています。医療人として、心臓外科医として、他の分野の方々、多くの患者さんから学ぶことがいかに多いことかといつも肝に命じ、魅力ある心臓血管外科チームになれるよう「心技愛」という3つの坂を出来る限り登り続けたいと考えます。すなわち、今後も心臓血管外科チームとして患者様に優しい質の高い安定した医療を周囲に透明性を持って提供し、さらに心臓血管外科手術後のどんな問題に対しても、安心して受診していただける施設たるべく努力を続けてまいります。山あり谷ありですが、新東京病院は止まることは許されません。スタッフ一同全身全霊で走って行きますので今年も1年、ご指導とご支援のほど宜しくお願い致します。