診療科・医療部門

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

心臓血管外科 主任部長 ご挨拶

中尾 達也副院長 兼 心臓血管外科主任部長

卒大 / 卒年
広島大学 昭和62年
専門領域
心臓血管外科一般
認定・資格
三学会構成心臓血管外科専門医
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定修練指導医
日本外科学会指導医
日本冠疾患学会評議員
日本冠疾患学会特別正会員
日本AHVS/OPCAB研究会世話人
アジア心臓血管外科学会国際会員
下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医
腹部ステントグラフト実施医、指導医
胸部ステントグラフト実施医、指導医

初めに

新東京病院心臓血管外科は、平成3年現在の松戸の地に移転した際、右胃大網動脈を使用した冠動脈バイパス手術を世界で初めて開発した元・心臓血管研究所のスーパーバイザーである須磨久善先生を初代の心臓外科部長として招聘し開設されました。その後は天皇陛下の冠動脈バイパス手術を施行された現・順天堂大学心臓血管外科教授である天野篤先生、現・榊原記念病院心臓血管外科部長である高梨秀一郎先生、現・昭和大学豊洲病院心臓血管外科教授山口裕己先生に引き継がれ、現在私、中尾達也が、2014年の1月から心臓血管外科主任部長を任されています。そして新東京病院は今年50周年を迎え、私もここ松戸の新東京病院の地に来て10年になりました。振り返るにそれぞれの時代において注目されてきた心臓血管外科主流領域は心拍動下バイパス手術、僧帽弁形成術(左小開胸下)、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVI)へと現在に変遷をたどってきました。今までの時代背景が異なってはいるものの、何人かの優秀な心臓外科医が吉田松陰の松下村塾のごとく新東京病院において心臓外科を学んでいます。彼ら先達の努力の結果、新東京病院心臓血管外科はある意味ブランド化し、当然の如く新東京病院心臓血管外科に期待される患者様、院内職員、周囲病院及び社会からの高いニーズに対してお答えできるように精進努力をしなければなりません。すなわち、患者様に優しい質の高い手術を提供する一方で、手術のartをscienceにして、日本の心臓血管外科領域のleaderとして臨床データーを世の中に発信することは常に期待されています。結果として近隣の競合病院とは違った新東京病院心臓外科独自のスタイルを発信していくことにつながると思います。

幾つになっても医学に携わる医療人には、Science(科学), Art(技術), Humanity(人間性)の3つの要素(修練坂)が必要とされています。医療人として、心臓外科医として、他の分野の方々、多くの患者さんから学ぶことがいかに多いことかといつも肝に命じ、魅力ある心臓血管外科チームになれるよう「心技愛」という3つの坂を出来る限り登り続けたいと考えます。残念ながら手術を受けて頂いたが元気に退院できなかった患者さんや御家族の想いを、われわれ心臓外科スタッフが肝に命じて、今後も心臓血管外科チームとして患者様に優しい質の高い安定した医療を周囲に透明性を持って提供し、さらに心臓血管外科手術後のどんな問題に対しても、安心して受診していただける施設たるべくスタッフ一同全身全霊で努力を続けてまいります。




2017年度実績と、特色

(1) 2017年度1年間の総手術件数は702例でした。このうち開心術(人工心肺症例、非人工心肺症例およびオフポンプ冠動脈バイパス手術)は300例、胸部大動ステントグラフト術50例で心臓胸部大血管手術総数は350例でした。
(ホームページ;手術成績Table欄参照)

(2) 循環器内科との合同チームでTAVI(transcatheter aortic valve implantation; 経カテーテル大動脈弁治療)を2017年度は94例施行(現在までに300例以上施行)しております。外科的大動脈弁置換術とTAVIのどちらかを選択するかはハートチームで検討して、最近では以前手術で移植した生体弁機能不全患者に対してTAVI(足からのアプローチで)で生体弁置換を行うvalve in valveという手技も開始しており、患者さまに提供できる選択肢が増えています。
(ホームページ;TAVI欄参照)

(3) 大血管手術症例の著しい増加とともに、低侵襲であるステントグラフト治療(EVAR 96例& TEVAR50例, 計146例)が増加し関東圏内でも5指に入る症例数です。腹部大動脈瘤手術123例の内訳はEVAR(ステントグラフト)を96例、開腹手術27例でステントグラフト治療が年々増加しております。それとともに繰り返すステントグラフト治療にもかかわらず瘤径の増加を認め続ける患者様に対しては開腹手術を行うこともあります。
(ホームページ;EVAR&TEVAR欄参照)

(4) さらに2014年7月からは保険適用が認められた国産ステントグラフト(商品名はFrozenix)を用いて行われるオープンステントグラフト法は、胸を開けて骨組みに患部の血管にステントグラフトという金属製の骨組みに支えられた人工血管を挿入する方法です。直視出来るので患部にステントグラフトを確実に留置できるだけでなく、人工血管置換術よりも傷口が小さく済み、身体的な負担が軽い手術法なので、高齢者や他の心疾患合併で同時手術を要す患者様にも行えます。胸部真性、あるいは急性、慢性解離性大動脈瘤などあらゆる形態の動脈瘤に対して開始したオープンステントグラフト手術は、良好な成績とともに2014年7月から2018年9月までに124例施行し本邦でもトップクラスの症例数になっています。下町ロケットの町工場から開発された国産ステントグラフト(ライフライン社)の海外での普及に努めています。
2018年4月には、保険償還が決まった台湾での初症例(国立台湾大学Dr Wuらによる)にプロクタリングとして指導参加したほか、2018年11月24日、25日の両日に行われる台湾胸部外科学会での招聘講演にも参加します。
(ホームページ;オープンステントグラフト欄参照)

(5) 現在は消化器外科を初めとしてほとんどの外科領域で内視鏡を使用して小さな傷で術後の回復が早い手術が行われるようになり、さらに保険診療で内視鏡加算が取れるようになったことが内視鏡補助下右小開胸手術施行に拍車をかけています。本手術はゴールデンスタンダードなアプローチである胸骨正中切開法と比べて胸骨感染を起こす可能性が低いこと、運転や力仕事などの運動制限が軽く早期に日常生活に戻ることが可能なこと、傷などの美容面で優れています。総ての方に可能な術式ではなく、動脈の石灰化が強い方や、いくつもの手術を同時に行わなければいけない方は適応外としています。2016年3月からは、右小開胸下僧帽弁形成術を再スタートしておりますが、2017年度の小切開(右小開胸、胸骨下部部分切開)での大動脈弁、僧帽弁手術は15例で、冠動脈バイパス手術(右小開胸MIDCAB)は1例施行致しましたが本年も順調に症例を増やしています。
(ホームページ;MICS:Minimally Invasive Cardiac Surgery欄参照)

(6) 国立がん研究センター東病院 呼吸器外科と共同して、心臓や大血管にまで浸潤した肺癌、縦隔腫瘍を手術、治療することも引き続き積極的に行い、食道外科ともコラボを拡げ食道癌の頸部血管浸潤も手術、治療しています。

(7) 千葉県内でエホバの証人の心臓病患者に対して唯一心臓手術を提供できる施設です。日頃の手術で無輸血手術を心がけている結果としてできることです。

以上手術の質を落とすことなく手術全体の侵襲を縮小して、患者さんの術後回復度を早め、早期退院が出来るように努めています。