診療科・医療部門

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

2018年9月6日~8日、Serbian conference on interventional cardiology, cardiovascular imaging and drug therapy SINERGY 2018(ベオグラード)において、心臓内科医師中嶋昭浩が“Unusual hematoma after PCI because of …“、”BVS implantation for the treatment of CTO“について発表しました。

SINERGY2018世話人Goran Stankovic先生は、長く外科の領域とされてきた左主管部(LMT)病変と分岐部(Bifurcation)病変の権威であり、当院中村淳院長とは10年以上交流があります。  中嶋医師は、世界をリードする先生方から最先端のlectureを受け、また個人的に直接ご指導いただき、議論できる非常に贅沢な体験をしました。発表者として日々の成果を発表することができ今後もさらに臨床・研究への意欲を深め、「貴重な機会を与えて頂き本当に感謝しております」と感動しきりでした。 このようなヨーロッパの重要な会に主要メンバーに名を連ねている中村院長はこの会で慢性冠動脈閉塞性病変、左冠動脈主幹部病変というカテーテル治療における最難関病変の治療に関してメインセッションでお話をされ、ヨーロッパの多くの先生が聞き入っていました。中村院長はヨーロッパ、アメリカ、アジア、中東、世界中によく知られる存在で新東京病院の名前が良く知られることにより、当院と世界のチャンネルが広がっている様子がよくわかりました。


学会で自信をもって発表している卒後7年目中嶋医師


左から:心臓血管外科高梨秀一郎医師、当院長中村淳、Lazarevic夫人(医師)
当院に留学されていたAleksandar Lazarevic教授
心臓血管外科和田賢二医師、心臓内科 中嶋昭浩医師

9月8日-9日香港にて開催されたAICTにおいて心臓内科三友医師が招聘講演を行いました。

9月8日、9日に香港で開催されました14th AICT (Asian Interventional Cardiovascular Therapeutics)に三友医師が参加し、冠動脈複雑病変であるleft main (左主幹部)、CTO (慢性完全閉塞性病変)について、当院の治療経験並びに、当院より論文発表された最新の治験について、招聘講演を行いました。 アジアを代表するインターベンショニストの先生方に大変興味を持っていただき、盛んな議論が交わされました。



本日9月4日(火)「東葛循環器カンファレンス」の開催延期について(お知らせ)

時下、ますまつご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、 本日(9月4日)開催の講演会は、台風21号が勢力を維持したまま近畿四国地方に接近するとの予報を受けて、講師の先生および参加者の安全を考慮した結果、やむなく日程を調整とさせていただくことにいたしましたのでお知らせいたします。

楽しみにされていた皆様には、多大なご迷惑をおかけしますこと、また講演会当日のご案内となりましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

なお、同講演会につきましては、後日開催する予定です。
開催が決定しました際には改めてご案内いたしますので、よろしく御願い申し上げます。

問い合わせ先
医療支援課 丸山
TEL:047-711-8700(代表)



「千葉県北西部循環器研究会」を下記のとおり開催します。

日 時:平成30年9月10日(火)19時00分~20時00分
会 場:新東京病院 3階 新東京ホール
テーマ:「 CKD診察のポイント 」
演 者:自治医科大学附属さいたま医療センター 腎臓内科教授  森下 義幸 先生
申込み:不要
費 用:無料

<問い合わせ先>
 新東京病院 医療支援課 丸山
 千葉県松戸市和名ヶ谷1271
 TEL 047-711-8700(代表)



「東葛AFカンファレンス」を下記のとおり開催します。

日 時:平成30年10月2日(火)19時20分~20時30分
会 場:新東京病院 3階 新東京ホール
テーマ:「心房細動と腎機能のキズナとキヅキ」
演 者:公益財団法人 心臓血管研究所 所長 山下 武志 先生
申込み:不要
費 用:無料

<問い合わせ先>
 新東京病院 医療支援課 丸山
 千葉県松戸市和名ヶ谷1271
 TEL 047-711-8700(代表)



「東葛循環器カンファレンス」を下記のとおり開催します。

日 時:平成30年9月4日(火)19時00分~20時00分
会 場:新東京病院 3階 新東京ホール
テーマ:「日本人冠動脈疾患患者における二次予防薬物治療」
演 者:京都大学 循環器内科学 教授 木村 剛 先生
申込み:不要
費 用:無料
<問い合わせ先>
 新東京病院 医療支援課 丸山
 千葉県松戸市和名ヶ谷1271
 TEL 047-711-8700(代表)



「Hyperlipidemia Seminar in Matsudo」を下記のとおり開催します。

日 時:平成30年8月22日(水)19時30分~20時30分
会 場:新東京病院 3階 新東京ホール
テーマ:「動脈硬化性疾患予防ガイドライン改定を踏まえた積極的脂質低下療法の意義」
演 者:東海大学医学部 内科学系循環器内科学 教授 伊苅 裕二先生
申込み:不要
費 用:無料
<問い合わせ先>
 新東京病院 医療支援課 丸山
 千葉県松戸市和名ヶ谷1271
 TEL 047-711-8700(代表)



心臓内科の長沼亨医師が、2018年8月9~11日、韓国(ソウル)で開催された、第7回AP VALVES 2018にInternational Facultyとして招聘されました。

韓国、日本、台湾などアジアの代表的な施設のオペレータが集い、重症大動脈弁狭窄症に対するTAVI治療について熱い議論を重ねました。欧米人と比較して体格(心臓)の小さいアジア人に対する治療戦略については、われわれアジア人が自分たちで造詣を深める必要があります。



2018年7月28日-29日の2日間、台風が上陸しているところ、
新東京病院講堂にて「第28回教育ワークショップ」を開催しました。

全国から約16名の若い先生方が臨床研究、physiologyと構造的疾患について学びに来ました。

国内および海外のエクスパートの先生方にご講演頂きました。

新家 俊郎 先生(昭和大学医学部循環器内科学教授、東京)
「My Perspective of imaging in Japan」
「私の理想とする循環器内科医、作っていきたい教室」

岩淵 成志 先生 (琉球大学医学部附属病院 第三内科、沖縄)
「分岐部ステント手技を科学する」

Prof. Myeong Ki Hong (Severance Cardiovascular Hospital, Seoul)
「DES strut coverage and clinical outcomes, DETECT OCT trials」
「Zero-contrast TAVI in severe AS patients with poor renal function」
「My Ideal Cardiologist ~私の理想とする循環器内科医~」

Prof. Wasan Udayachalerm (King Chulalongkorn Memorial Hospital, Bangkok)
「PCI for CTO : Intimal Tracking for CTO」
「My Ideal Cardiologist ~私の理想とする循環器内科医~」

Prof. Wei Hsien Yin(Cheng Hsin General Hospital, Taipei)
「Delayed coronary occlusion after TAVR」

Prof. Myeong Ki Hong
 
岩淵 成志 先生
 
新家 俊郎 先生
 
Prof. Wasan Udayachalerm
 
Prof. Wei Hsien Yin
 



8月2日~4日、第27回日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2018、神戸)学術集会 において、当院心臓内科医師がシンポジウムやランチョンセッションで発表を行いました。

当院と10年以上の交流がある、カテーテル治療の世界的権威であるイタリアのアントニオ・コロンボ先生が、日本の循環器医師のために貴重な講演をしてくださいました。



7月28日、心臓内科の長沼医師が聖徳大学看護学研究所主催で講演会を行いました。

「最新の低侵襲心臓治療」について、お話しさせて頂きました。台風12号の影響であいにくの天気でしたが、非常に熱心な看護学生さんや一般の方が参加されていました。実際の治療で使用しているカテーテル器具に触れることができ、感動されていました。たくさんの的を得た質問があり、大変有意義な素晴らしい会でした。



外科的大動脈弁置換術後の生体弁機能不全に対する経カテーテル大動脈弁植え込み術(TAVI)が当院で施行可能となりました

大動脈弁疾患に対して生体弁を使用して外科的弁置換術を施行後、おおよそ10~15年経つと生体弁が劣化してきます。生体弁が、狭窄(弁の開放が悪く、血液が通りにくくなる)や逆流(弁の閉鎖が不完全のため、逆方向に血液が漏れてしまう)を来たして、正常に機能しなくなった状態を「生体弁機能不全」と言います。これまでは、この生体弁機能不全に対しては、全身麻酔+人工心肺補助下に二度目の外科的開胸手術を行うしか選択肢がありませんでした。しかしながら、高齢で心臓以外にも持病がある患者様は、二度目の開胸手術はリスクが高く、経過観察せざるを得ませんでした。弁機能不全による心不全(酸素が下がって息が苦しくなったり、体が浮腫んだりする)は、薬物治療ではコントロールが難しいことが知られています。
日本への導入が遅れましたが、2018年7月から治療経験の豊富な施設に限定して、外科的生体弁機能不全に対するTAVIが認可されました。TAV in SAVと呼ばれる特殊なTAVIです。通常のTAVIと同様の手順で、基本的には開胸することなく治療が可能です。当院では、全身麻酔ではなく局所麻酔+鎮静(治療中、少し眠たくした状態)をルーチンとしており、海外の最先端施設と同等の超低侵襲TAVIを提供してきました。心拍動下に(心臓を止めずに)、機能が悪くなった外科生体弁の内側に新たにカテーテル弁(Medtronic社Evolut-R弁)を装着します。二度目の開胸を避けられることで、術後の早期離床が可能です。ずっと待ち望まれていた治療法であり、日本の心臓の悪い患者様にとって朗報であることは間違いありません。

< お電話での相談 >
TEL:047-366-7000
受付時間:月曜日~土曜日(9時00分~17時00分)
担当:心臓内科秘書 大野/佐藤



心臓内科の長沼亨医師が、2018年7月6~7日の二日間、韓国(ソウル)で開催されたシンポジウム、SCI2018に招聘されました。

チャレンジングなTAVI症例についてプレゼンテーションを行い、またライブデモンストレーションで座長を務めました。当院と友好関係にあるYonsei大学病院の先生方らと大変有意義な議論を交わすことができました。



2018年6月16日-17日の2日間、新東京病院講堂にて
「第27回教育ワークショップ」を開催しました。

全国から約20名の若い先生方が臨床研究と技術的応用を学びに来られました。
国内および海外のエキスパートの先生方にご講演頂きました。

辻田 賢一 先生   熊本大学循環器内科教授
「私の理想とする循環器内科医、育てていきたい医師とは」
「器質化血栓 ? -その目で冠動脈壁を見てみると-」

金子 英弘 先生   東京大学医学部循環器内科 先進循環器病学講座 特任講師
“TAVI, MitraClip® My perspective in Japan“

足利 貴志 先生   武蔵野赤十字病院 循環器科部長
「石灰化病変に対するdebulking device」

藪下 寛人 先生   東海大学医学部内科学系
Prof. Bon-Kwon Koo Professor of Medicine / Cardiology Seoul National University
“Resting, hyperemic and non-invasive physiologic assessment: What's what?”
“How to use imaging and physiology for bifurcation lesion?”

Koo 先生は韓国のSeoul National Universityの循環器内科の教授であり、彼が2005年に発表されたFFRに関する論文は世界で最も引用されており、この世界の試金石になった論文です、驚異的な量の業績を重ねています。
世界のトップ中のトップにいるLeading Cardiologistであり、Koo先生と2日間一緒にディスカッションできるということはとても幸せなことでした。



2018年5月8日に新東京ホールにて新東京学術講演会を開催しました。

独立行政法人国立病院機構 京都医療センター 循環器内科 医長 阿部 充先生に「造影剤腎症を究める! ~腎機能障害は心臓カテーテル検査の妨げか?~」についてご講演いただきました。



The Taiwan Society of Cardiovascular Interventions(TSCI)が主催する台湾のインターベンションの教育コースである「Meet the Masters」が、 5月5日(土)、台北市内のWestin Hotelで開催されました。

本コースには当科の中村淳医師と長沼亨医師が冠動脈治療のスペシャリストとして招かれました。本プログラムでは約40名の冠動脈インターベンショニストが症例提示を行い、最新のエビデンスに基づいた至適な治療方法について参加者とともに深い議論を行いました。当院では10年後、20年後の医学の発展を見据え、若手医師の育成に積極的の取り組んでおりますが、TSCIも「冠動脈インターベンション領域におけるスペシャリストの育成」を目標のうちの一つとしており、同じ目標「若手医師の教育と育成」にともに取り組んでおります。


先月当院に研修に来られたShawn医師も症例提示を行った。


「心臓内科の長沼医師がEdwards社の海外(アジア、太平洋地域)プロクターに認定されました」

現在、日本国内では2種類のカテーテル人工弁が使用可能です。長沼医師は元々Edwards社Sapien弁、Medtronic社CoreValve/Evolut-R弁の両方のプロクターライセンスを持っています。プロクターとはTAVIの適応や技術指導を他施設で行うことができるTAVIのスペシャリストのことで、長沼医師のカテーテル技術や症例経験数のみならず、海外留学経験、学会発表や論文執筆などの学術的実績などを総合的に判定され、認定されていました。今回、これに加えて、海外の施設でも指導できる海外プロクターにも認定されました(日本人医師としては3人目)。日本だけでなく、海外の患者様にも貢献できることは医師としてこれ以上の幸せはないでしょう。


2018年5月2日 新東京病院講堂に於いてタイ国マヒドン大学医学生4名によるクリニカルインターンシップ成果発表会を開催しました。



2018年4月24日、新東京病院オペ室及び講堂にて
「第2回Learning Evolut On-site Program at New Tokyo Hospital」を開催しました

今回は2施設から循環器内科、麻酔科の先生方が、当院の超低侵襲TAVI(局所麻酔+鎮静+穿刺法による大腿動脈アプローチ)を学ぶために来て下さいました。

実際の手技の見学、術者の長沼、麻酔科医の金よりレクチャーを行いました。
海外の最先端施設に負けない手法を国内の他施設でも参考にして取り入れて頂ければ新東京ハートチームとして幸いです。

 

新東京病院心臓内科主催の、第25回教育ワークショップを開催しました(2018年4月14日、15日)

全国から32名の先生方が臨床研究と技術的応用を学びに来られました。
国内および海外のエキスパートの先生方に御講義いただきました。
奥津 匡暁 先生   川崎医科大学病院循環器内科
夏秋 政浩 先生   佐賀大学医学部循環器内科
山地 杏平 先生   小倉記念病院 循環器内科部長
Dr. Wei-Hsian Yin Chen Shin Medical Center

Yin先生(台湾)より、BRSとTAVRのリアルワールドデータを交えてお話頂きました。


現在当院から東海大学の後藤先生の下に留学をしている薮下先生にAIについてお話頂きました。血小板の研究だけでなく、AIの研究をしています。現在AIの能力がどれくらいあり、これからどれだけの進歩が期待できるのか? 世の中はどういう風に展開していくのでしょうか?

新東京病院心臓内科主催の、第24回教育ワークショップを開催しました(2018年4月11日、12日)

中国全土より循環器内科医師15名が本邦の最先端の治療を学びに来日されました。慢性完全閉塞病変、ストラクチャー、ペリフェラルおよび不整脈治療に関して熱い議論を交わしました。


台湾より4名の循環器内科医の先生方が研修のため来日されました。(2018年4月)



タイ国マヒドン大学より、医学生4名が新東京病院でクリニカルインターンシップのため来日されました。(2018年4月)