診療科・医療部門

クイックガイド
TEL:047-366-7000(代表)
FAX:047-366-7028(代表)
〒271-0077 千葉県松戸市根元473-1

入院治療

乳がんに対する手術治療や化学療法を行っています。

1.手術療法

がんの大きさ、広がり、位置とリンパ節への転移状況を画像診断により決定し、術式の選択をします。

術 式

1.胸筋合併乳房切除術(ハルステッド手術)
乳房と胸の筋肉と脇の下のリンパ節を切除します。以前はこの手術法が標準と考えられていましたが、 現在ではがんが広範に胸筋に浸潤しているときにだけ行います。
2.胸筋温存乳房切除術
乳房と脇の下のリンパ節を切除します。大胸筋・小胸筋を温存するオーチンクロス法と大胸筋のみ温存するペティ法があります。
3.乳房温存手術(乳房部分切除)
乳頭・乳輪を温存し、乳房のしこりを含めた一部分と脇の下のリンパ節を切除します。手術後、残存乳房に放射線照射をします。乳房を乳頭から扇状にやや大きく切除する乳房扇状部分切除術と、腫瘍から1〜1.5cm離して円形にくりぬく乳房円状部分切除術とがあります。この手術に対する適応は、日本乳癌学会の乳房温存療法ガイドラインに沿って行います。
乳房再建術
切除された乳房(全部または一部)を、自分の組織(筋肉や皮下脂肪)を使って形を整える手術です。乳頭をつくることもできます。希望される方はご相談下さい。形成外科医と協力して手術します。

センチネルリンパ節生検

脇の下のセンチネルリンパ節を切除して術中迅速病理検査を行い、がん細胞の有無を調べて、脇の下全体のリンパ節に転移があるかどうかを診断する方法です。センチネルリンパ節にがんの転移がない場合、脇の下のリンパ節郭清を省略し、それにより郭清に伴う合併症を少なくしたり、入院期間を短くすることができます。
術後はブレスト・ケアに関する知識を持った看護師によるリハビリや指導があります。

2.化学療法・ホルモン療法

現在、乳がんに対する化学療法やホルモン療法は多様化し、複雑になっています。手術で切除したがんやリンパ節を調べて個々の乳がんの病態に応じた治療法を選択します。どういう治療法を選択するか、医師からの詳しい説明があります。ほとんどの場合、ひきつづき外来通院での継続治療を行っていきます。
←乳腺外来 乳がん検診について→